ふんわりやさしく愛おしい!博多で100年以上愛され続ける石村萬盛堂の銘菓鶴乃子。

Japanese
Photo by Touka.

こんにちは。

カフェインとお友達、橙佳です。

九州の銘菓大好きっ子です(?)

 

今回は大好きな銘菓の中から
鶴乃子をご紹介。

 

あのふわふわ…大好き!

 

知らないという方も
ふんわりやさしい鶴乃子にぜひ恋してください!



銘菓 鶴乃子

カフェインと御友達。

石村萬盛堂
銘菓 鶴乃子

4個入

税込476円

 

お家で食べるにはぴったりの簡易包装タイプ

 

丸箱の銘菓 鶴乃子は2個入、5個入、
7個入、10個入、20個入があり、
角箱の献上鶴乃子も販売されています。



カフェインと御友達。

鶴乃子は、手亡豆卵黄でつくった黄味あんを、
西洋のマシュマロ生地で包んでいるお菓子です。

 

まさに和洋折衷!



石村萬盛堂と鶴乃子

カフェインと御友達。

石村萬盛堂
明治38年、1905年12月25日創業。

 

本店は須崎町
長く愛されている銘菓を含め、洋菓子も販売している老舗和菓子店です。

 

創業後まもなく、創業者である石村善太郎氏は、
日本三大銘菓の1つである「鶏卵素麺」の製造過程で、
卵白が大量に残ることから鶴乃子を発想。

 

最初の鶴乃子は、
卵の殻に淡雪(あわゆき)をつめたお菓子でした。

 

その後の明治40年代、
西洋からマシュマロの技術が伝わり、
善太郎氏はこの技術を鶴乃子の製法にいち早く導入したのです。



カフェインと御友達。

絶妙な柔らかさ、口どけになるよう、
昔ながらの木枠の型を使った製法で、手間ひまかけて作られています。

 

「人が角いものを作るなら、こちらは丸いものをつくれ」と善太郎氏が考案し、鶴乃子も詰める箱も卵の丸い形をしています。

 

長寿、幸運、夫婦円満のシンボルとされてきた

 

鶴乃子は贈る相手を選ばず、
フォーマルなお礼から日頃の贈り物としても、ぴったりなお菓子です。



実食!

カフェインと御友達。

もふもふとやわらかく、あまいかおり。

もちもちしゅわりとしたマシュマロ。

 

そのふくよかな生地は、
幸せにならない人などいないのではないでしょうか。



カフェインと御友達。

黄味あんの、この黄金色!
本当に素敵。

 

しっとりまろやかな甘みのあん。

 

シンプルながら安心感のある、
このやさしい甘さが大好きです。



最後に。

カフェインと御友達。

久しぶりに鶴乃子を頂きましたが、
黄身あんとマシュマロの組み合わせはやっぱり最高!

 

お茶菓子にしたら4つなんてペロリです(笑)


最近知ったのですが、
フレーバーマシュマロも石村萬盛堂から出てるみたいなので、
そちらもぜひ食べてみたいです!

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

↓こちらもおすすめ↓

和菓子だけじゃない!石村萬盛堂のレモンケーキの甘酸っぱさが絶妙!
こんにちは。カフェインとお友達、橙佳です。 福岡大好きです。(再び告白) 前回に引き続き、今回も名菓のご紹介です。レモンケーキ好きな方は必見です! 魅力的な九州名菓を、ぜひご覧くださ...

 

 

 




 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました